政治、経済、社会、文化、ニュース、時事一般

ジャーナリスト、池田知隆の公式サイトです

著作

◎最近の記事から

○講演記録
「大阪の高齢者問題」(2016.03.24)@大阪スポーツマンクラブ

◎コラム

「橋下劇場」と大阪の政治風土
 (現代の理論DEGITAL創刊5号・コラム関西発から)

リベラルな都市・大阪に向けてー大阪自由大学が目指すもの
 (現代の理論DEGITAL創刊2号・コラム関西発から)

◎雑文集

鶴見俊輔評伝(毎日新聞2015年7月24日夕刊掲載

○大阪の教育改革をめぐって
コメント集

大阪弁護士会シンポジウム「大阪の教育」
・われらの時代に567[問題児隔離教育」の是非を問う。コメント
(女性セブン2014.07.10号、小学館)
・第337回国際人権規約学習会講演録
「どうなる! 大阪の教育」=世界人権宣言大阪連絡会議ニュース(2012年5月10日号収録、ヒューマンライツ2012年6月号転載)
・「大阪府立高校学区撤廃」問題 コメント(週刊ポスト2012年4月13日号)
・「教育改革という謎」熊本日日新聞教育面インタビュー(春木進論説委員、2012年3月5日掲載) 
・「ともにかんがえましょう―子どもたちの未来と大阪の教育」教育基本条例に反対するシンポジウム報告集(2012年1月28日守口市民会館)
・大阪「君が代条例」問題 コメント(週刊ポスト2012年1月12日号)

○東日本大震災

福島原発問題

 教育論・地域の教育力を再生するために
 (「グローバル世紀への挑戦ー文明再生の智慧」所収)2010年6月、文理閣

1毎日新聞から

○鶴見俊輔追悼

鶴見俊輔評伝(毎日新聞2015年7月24日夕刊掲載

○小松左京追悼

  評伝(毎日新聞20110729掲載)
小松word版
小松PDF版

・コラム 余録抄(2001-2009)
・コラム キャンパスNOW(2005・04-2009・03)
・コラム おもかじとりかじ(1998.05-1999.12)
・コラム 憂楽帳(1994~2005)
連載 「安らぎのありかー戦後50年にっぽん診断書」(1994)
記者の目 同和問題を考える(2006/12/28)
記者の目 最後のサンカに会った(2001/06/22)
記者の目 甲子園タカラヅカ論(1978/08/18)
企画記事 図書館ルネサンス(1999)
企画記事 当世「あの世」指南(2001・03)
企画記事 京都創生人出版編(19890411)
企画記事 京都・三条モダンストリート(1988)
企画記事 京は甦るか―世界歴史都市会議に寄せて―(1987)
企画記事 京都国体に向けて(1987)
企画記事タカラヅカ―レビュー50年(1997.07、8回)
原爆企画非核の旅1983(1983,6回)
企画記事「池田知隆の『団塊』探見」
2005年2006年2007年2008年掲載)

白川静(2006/12/20)
新島淳良(2002/04/20)
藤本敏夫(2002/09/14)
インタビュー クリスティン・タン=フィリピン活動家(1985.08)
インタビュー ゲルト・ハイデンライヒ=ドイツペン会長(1992.12.01)
インタビュー カール・ポパー(1992.12.01)
インタビュー ダライ・ラマ(1995.4..11)
インタビュー クワイン・哲学者(1997・12・17)
インタビュー 山折哲雄(2002・08・08)
インタビュー 河合隼雄(2002/08/20)
インタビュー 白川静(2005/0/216)
インタビュー 片倉もとこ(2005・12・26)
インタビュー 山折哲雄(2002・08・08)
インタビュー 松居直(1998/07/19)
インタビュー 多田道太郎(1995/10/27)
インタビュー 笠木透(1994/01/27)
インタビュー 古川泰龍(1993/03/14)
インタビュー 金時鐘(1992/01/28)
インタビュー 田中泯(1991/09/24)
インタビュー 志村ふくみ(1990/05/22)

2アジア論

ナンマドール-南洋巨石文明の謎

(毎日新聞連載、7回 1981) 1981年 毎日新聞

画像の説明

コスモロジー人間 人間とは何か-「南」の風を感じる時 1994年10月 大阪ガス・エネルギー文化研究所「CELL」30号

画像の説明

アジア「民族と宗教のはざまで」簡略版](PDF版、66頁)

民族と宗教のはざまで① アジアの『古層』にふれる-アジア的価値観とは何か
 (「CELL」36号) 1996年3月
同②遺跡からみる未来-アジア的都市
 (「CELL」37号) 1996年6月 asia199606.pdf
同③アジアをつなぐ「おもろい」関係-生活つきあい術としての関西精神
 (「CELL」38号) 1996年9月 asia199609.pdf
同④「成長の夢」と「アジアの希望」-中国・海南島、深センを歩く
 (「CELL」39号) 1996年12月 asia199612.pdf
同⑤「ネットワーク」と「平等」の果て-納豆ロードから見えてくる未来
 (「CELL」40号) 1997年3月 asia199703.pdf
同⑥「心の開国」というドラマ-劇場としてのアジア
 (「CELL」41号) 1997年6月 asia199706.pdf
同⑦カオスからの創造-「カラオケ銭湯」から「脱亜脱欧」へ
 (「CELL」42号) 1997年9月 asia199709.pdf
同⑧猥雑な「愉楽の園」-「滅び」と「安らぎ」と
 (「CELL」43号) 1997年12月 asia199712.pdf
同⑨アジアの時空-香料列島はいま
 (「CELL」44号) 1998年3月 asia199803.pdf

●世界あれこれ

大内山塾(1998/04/20)
南京(1998/02/05)
アマゾン(1998/01/10)
マルク諸島(1997/03/19)
トラジャ(1996/01/24)

3教育論

●教育論
シンポジウム「子どもたちと英語」(2013/02/25)
シンポジウム「日本人の英語力」(2014/02/15)
大谷大学シンポジウム「子どもたちに伝えていくこと」(2009/04/30)

●教育の広場(月刊ニューライフ) ニューライフ

他人の死を自分に近づけて
 生と死を語る授業から       2010年10月
学校・教師を支える輪を広げよう
 「教師駆け込み寺」の取り組みから 2010年9月
公教育のよさを見つめ直そう
 地域で共に作り上げる教育を 2010年7月 NL201007.pdf
「ひきこもり」と向き合うために
 幼児期からの自立支援システムを 2010年6月 NL201006.pdf
定住外国人に開かれた学校づくりを
 多文化共生に明日を拓く 2010年5月 nl201005.pdf
若者と共感しあえる関係を
 少年非行を見つめて 2010年4月 nl201004.pdf
身体の声を聴くこと
 「生きる実感」を回復させよう 2010年3月 nl201003.pdf
探究する楽しさを子どもたちに
 主体的に学ぶ力を育てたい 2010年1月 nl201001.pdf
対話と個性重視の教育を
 北欧社会から学ぶこと 2009年12月 NL200912.pdf
若者の「天職」を発見させたい
 自分の存在価値に気づかせる教育を 2009年11月 nl200911.pdf
生活文化の違いを豊かさに
 多文化共生教育を定着させよう 2009年10月 nl200910.pdf
子どもの「しつけ」と「社会力」
 体罰問題を考える 2009年9月 nl200909.pdf
「森の幼稚園」は五感のゆりかご--子どもたちの豊かな感情を育むために 2009年7月 NL200907.pdf
「生きている図書館」を身近に
 多文化、共生社会の実現のために 2009年6月 nl200906.pdf
小学校から始まる「キャリア教育」
 「生きる力」を育てるために 2009年5月 nl200905.pdf
子どもの体力低下を考える
 「早寝早起き朝ごはん」と都市化社会 2009年4月  nl200904.pdf
赤ちゃんと絵本を楽しもう
 ブックスタート運動、10年の歩み 2009年3月 nl200903.pdf
ケータイは読書の入り口になるか
 学校読書調査から 2009年1月 nl200901.pdf
街角ににぎやかな歓声を
 紙芝居屋さんから見た子ども社会 2008年12月 nl200812.pdf
新聞の活用で「言語力」の育成を
 学校に社会の「鼓動」を伝えるNIEの活動から 2008年11月 nl200811.pdf
「モンスター」とは呼ばないで
 学校に「のびやかさ」を取り戻そう 2008年10月 nl200810.pdf
校庭芝生化のすすめ
 地域の「広場」として学校再生を 2008年9月 nl200809.pdf
スペシャリスト養成の公立中高一貫校
 大阪市立咲くやこの花中高校が開校ー「個性」「創造性」重視で全国初 2008年7月 nl200807.pdf
自分と出会う時間の大切さ
 20年目を迎えた「朝の読書」 2008年6月 nl200806.pdf
「考える力」は食にあり
 「弁当の日」が問いかけるもの 2008年5月 nl200805.pdf
総合学習の可能性をもとめて
 伸びやかな感性としなやかな社会力を 2008年4月 nl200804.pdf
●雑誌「少年育成」 「社会力」をどうはぐくむのか
  月刊少年育成  2010年1月 shounen201001.pdf
「教師という病理」
 「情熱」と「管理」の間で 1983年2月 kyoushi19830220.pdf
●雑誌「学校経営」連載

「地域運営学校」など16編 第一法規 keiei.pdf
●雑誌「学遊」連載 職業としての教師(上、中、下) 1992年2月~4月 第一法規 gakuyuu-kyoushi.PDF
教育論文 教育人材銀行のススメ
 (教育実践の記録第6巻「学校をつくり変える」(筑摩書房所収) 1982年1月 筑摩書房
教育時評
教育風土記―兵庫県の公立高校演劇科 学遊(1990年3月) 第一法規
試行錯誤の歩みが続く「ダブル受験制」―大阪府の高校入試制度の現状と課題(1995年3月)第一法規
雑誌「学遊」 kyoiku199503.pdf

●雑誌「教育の森」
教育時評 誘惑と野心「教師が職を汚すとき」
 教室は「商いの場」だった
  大阪の教材汚職事件から 1982年8月 毎日新聞社
雑誌「教育の森」

教育と文化 教育基本法の「きほん」2003年1月25日国民教育文化総合研究所
教育時評 問われる教師像 1981年1月1日 社会動態研究所 kyoushi19810101.pdf
教育時評 揺れる大阪の主任制 1980年7月1日 社会動態研究所 syuninsei19800701.pdf
教育時評 波紋広げる学校恐怖症の実態 1980年4月 月刊日本 kyousi198004.pdf
教科書・教材と学習指導をめぐる論争 教職研修「学習指導、評価」(1994年12月) 教育開発研究所

4高専関係

・高専技術シーズ集巻頭座談会
  「地域発の新事業の芽を育てたい」(2011.08.04)
PDF版

「AIと読解力」
(有明高専同窓会報「萩尾坂」第57号、2018.06.01)
「かざぐるま―現場の力」
(有明高専同窓会報「萩尾坂」2017.12.01)
「かざぐるま―足元を掘るー三池炭鉱閉山20年」
(有明高専同窓会報「萩尾坂」2017.06.01)
「かざぐるま―教養と工学―東工大の挑戦から」
(有明高専同窓会報「萩尾坂」2016.12.01)
「かざぐるまー18歳のとき」
(有明高専同窓会報「萩尾坂」2016.06)
・「かざぐるま―いま、技術者倫理の教育は」(有明高専同窓会報「萩尾坂」20151201)
・「かざぐるま―理想のゆくえ」(有明高専同窓会報「萩尾坂」20150601)
・「かざぐるま―1995~1997」(有明高専同窓会報「萩尾坂」1995~)

画像の説明
・インタビュー「[共同体としての教育」の可能性をーのびやかな学びの場を創る
  荒木光彦・松江高専校長に聞く
・インタビュー「魂に点火する教育をー高専OB校長として思うこと
  中尾充宏・佐世保高専校長に聞く
  いずれも2010年8月 ヒューマンネットワーク高専機関誌「赤とんぼ」
・インタビュー「進化する高専-高専改革が目指すもの
  木谷雅人・国立高専機構理事 2009年6月 ヒューマンネットワーク高専機関誌「赤とんぼ」
・インタビュー 「チームワークこそが宇宙開発を支える
 宇宙航空開発機構種子島宇宙センター所長
   園田昭真 さん 2006年6月10日 「赤とんぼ」10号
・インタビュー ”環境おじさん”と呼ばれたい-環境ものづくりを通してー
 環境カウンセラーの畠中豊さん 2006年6月10日 「赤とんぼ」10号
・インタビュー 「独創性のある研究ほど楽しくなるーいまや基礎研究が、すぐに応用につながることもある
 東京大学工学研究科教授、
 多比良和誠さん 2005年6月4日 「赤とんぼ」9号
・インタビュー 「高専教育に賭ける夢―技術者として生きるとは
 元有明高専、長岡技術科学大学教授、棚町知弥さん 2003年1月31日「赤とんぼ」7号

5医療問題

口腔ケア―済生会西条病院(2018年7月27日毎日新聞愛媛版特集)

地域リハビリ―済生会今治病院(2018年6月29日毎日新聞愛媛版特集)

陽子線治療と公的保険(2018年6月22日毎日新聞大阪本社版)

高齢者医療シンポから 2009年4月 大阪府医師会 iryo0904.pdf
開業医の「視界」から何が見えるのか 2008年9月 isikai0809.pdf
キューバ医療が問いかけること 2007年11月 isikai0711.pdf
医療に求められる多文化理解ー団塊世代は「医療難民」になるのか 2007年1月 isikai0701.pdf
「かかりつけ医」は地域の「聖」に 2006年3月 isikai0603.pdf
医療の公益とはなにか 2005年5月 isikai0505.pdf
医療における「希望」と「誠実さ」-白い巨塔ブームが問うこと 2004年5月 isikai0405.pdf
カルテは患者のものではないのか-法制化をめぐって 2003年7月 isikai0307.pdf
病院患者図書館への取り組みを 2002年9月 isikai0209.pdf

7、エッセイ、その他

・忘れられない人(1)「静かな焔―志村ふくみさんのこと」
(2006年7月1日)
・忘れられない人(2)「熱気と感動―手塚治虫さんのこと」
(2006年10月1日)
・忘れられない人(3)「白川静さんのこと―<明治>の息吹にふれて」
(2007年1月1日)
・忘れられない人(4)「戸井十月さんのこと―旅に生きる野武士」
(2007年4月1日)
・忘れられない人(5)「『感じる心』をもつ―伊勢英子さんのこと」
(2007年7月1日)
・追悼・久世光彦
・インターネットコオロギ
(2004年10月1日)
・納豆ロードを旅して
(1990年12月、雑誌リバティ)
・追悼・森本龍石
・追悼・城森外夫(毎日社報)

国立民族学博物館30年―松園館長に聞く 2007年1月 雑誌「ミュゼ」
・時評 京都にみる国際化戦略
 ー世界歴史都市会議を通してー 1988年2月 公務職員研修協会
「地方自治職員研修」臨時増刊号 kyoto198802.pdf
・時評 国際化における文化 CLAIR9号(1989年6月) 国際化推進協議会
・時評 日米大学の国際化路線 「NEXTAGE]5号(1989年11月) 住友商事
・時評 新しい鉄道文化の形成を 建設人(1987年4月) 建設人社
「夢の街タカラヅカ」別冊「一億人の昭和史」(1981年3月) 毎日新聞社
・時評「理想なき社会の救いー新宗教はなぜ若者をひきつけるのか」 「ヒューマンライツ」(1995年6月) 解放出版社
・時評 都市における「死体」CEL27号(1994年2月) 大阪ガスエネルギー文化研究所
時評 人間とは何か―「南」の風を感じるとき CEL30号(1994年10月) 大阪ガスエネルギー文化研究所
・時評 家族と企業の優しい関係とは CEL31号(1995年1月) 大阪ガスエネルギー文化研究所
・時評 「女性の人権宣言」と日本―カイロ宣言 CEL31号(1995年1月) 大阪ガスエネルギー文化研究所

a:1389 t:2 y:3

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional